ほくろの正体と予防法

ほくろ(ホクロ)とは、皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞(メラノサイト)が、密集してできた色素性母斑の一種。色は黒、薄茶、肌色、青などで、サイズも大小様々です。ほくろは生まれつきのものや先天性のものにありますが、思春期以降にできるケースは紫外線などによってメラノサイトが刺激されメラニンが多量に作られた結果できたもの。ですからほくろ予防には、日焼け対策はマスト!外出時には紫外線から肌を守るため、日傘や帽子、サングラスを忘れずに服装は生地の厚い服や色の濃いものを選びましょう。そして日焼け止めもクリームも大いに活用して。太陽が眩しいと感じる春~夏以外でも、紫外線は1年中降り注いでいます。また室内に居る場合も、紫外線はガラス窓を通して入ってきます。ほくろを増やさない為にも、天候や季節を問わず日焼け止めクリームは愛用したほうが良さそうです。

ほくろ(ホクロ)除去クリーム&天然もぐさで、家庭でもホクロ除去ができる


「病院に行くのは怖い・面倒、簡単にほくろ(ホクロ)取りができたら・・・」と今人気なのがほくろ(ホクロ)除去クリームです。2種類あり、一つ目は台湾の「漢方のほくろ除去クリーム」。天然漢方薬草成分で、クリームを塗り2週間位でかさぶたになりほくろが取れます。もう一つは、世界数カ国で賞を獲得した「ワートモールバニッシュ(WMVクリーム)」。自然の植物エキスが、イボ・ホクロなどに浸透し根こそぎ除去(大きさによっては数回塗布が必要な場合も)。1~3週間を経てかさぶたが自然に取れれば、傷痕はほとんど残りません。どちらも外国製で日本では未発売の為、オークションや海外から個人輸入又は個人輸入代行を利用しましょう。またほくろ除去専用のもぐさもあります。もぐさで取れる場合と取れない場合があり、一般的には色が濃いほくろや平たいほくろに効くそう。お灸をすえたほくろは、約1週間程度で自然に剥がれ落ちます。ホクロ除去の口コミを参考にしても良さそうですね。

ほくろ(ホクロ)除去は美容外科・皮膚科など病院で

「ホクロ(ホクロ)除去は失敗が不安だからプロにお任せしたい」という方は、ホクロ(ホクロ)除去の美容外科や皮膚科へ足を運んでみてください。ほくろの除去は想像以上に簡単&スピーディで、しかも保険が適用される場合もありますので安心価格で行えます。保険適用されるかどうかは、治療目的か美容目的かよって異なる為治療前に確認しましょう。また病院によっても方針が異なるので、何件かあたってみても良いのでは。「ほくろ 除去 東京」「ほくろ 除去 大阪」「ほくろ 除去 愛知」「ほくろ 除去 名古屋」など、エリアを絞ってインターネット検索するとご自分の近くの病院が見つかるでしょう。ほくろ(ホクロ)除去の方法は、短時間で簡単にできる炭酸ガスレーザーやQスイッチ、グレーザーなどのレーザーによるホクロ除去と、電気メスや切除法合法(切り取り縫う)、くり抜き法(皮膚をくりぬく)、ほくろを凍らせて退治する凍結両方など多種多様。ほくろの大きさや位置によって施術が変わるので、お医者さんに相談しましょう。